ホーム > 部会 > 小線源治療部会 > 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第8回研究会
小線源治療部会

日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第8回研究会

ご挨拶

 このたび日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第8回研究会をお世話させて頂くことになりました多摩南部地域病院の築山です。4月から所属が変わっております。
従来、小線源治療部会は金曜日の夜に懇親会を行い土曜日1日で学術講演会と機器展示を行うスケジュールで行われておりました。第8回大会は世界遺産でも ある日光市で開催することに致しました。会場は日光市総合会館で開催いたします。日光市が運営する公共施設で収容人数も十分で関連施設も完備しており大変 安価に利用できます。場所は世界遺産の日光東照宮や改装なった二荒山神橋や中禅寺湖、華厳の滝へも近く観光されるにも便利な環境にあります。宿泊、懇親会 は会場に隣接する旅館「千姫物語」で行います。宿泊と懇親会費をセットで安く提供して頂けることになっています。懇親会は17日夜に行います。宿泊先での 懇親会ですのでゆっくり楽しんで頂けると思います。
地方から参加される方の利便性を考え土曜日の午後1時から学術講演会を開始し日曜日の3時に全て終了するスケジュールと致しました。
さて、小線源治療も高線量率イリジウムの普及や前立腺癌に対するヨード125永久挿入治療を開始する施設数の増加等で数年前と比較して大きく様変わりしてきています。一般の方の関心も高まっています。
小線源部会は演題数や参加人数も毎年増加傾向にあります。今回も26題の一般講演の申し込みがあり決められた時間内に全てのプログラムを入れることが困難となり幾つかの企画は中止せざるを得ませんでした。一般講演の時間も10分間と短くなってしましました。
最近HDR研究会も立ち上がり、HDRイリジウムを持いた従来からの治療の他に乳癌に対する新しいアプリケーター(MammoSite™)にも関心が持 たれています。特別講演は国立がんセンター総長にお願いして「がんの局所治療」についてお話を頂きます。招待講演として米国からMartin Keisch 先生をお招きして「Balloon breast brachytherapy」のお話を又、UCSFの篠原先生からは「UCSFでのHDRの実際」について御講演を頂くことにしております。一般講演、ラ ンチョンセミナーの他に泌尿器科の先生方にもご参加頂ける企画として東京医療センターの斉藤史郎先生にお願いして「前立腺がん、手術でなおるもの、放射線 でなおるもの」と言うシンポジウムを企画して頂きました。泌尿器科医と放射線治療医の間で活発な議論が交わされることを期待しています。ランチョンセミ ナーは篠原先生から「Seed Implant 米国での最近の話題」について又、大阪労災病院の茶谷先生から「子宮頚癌腔内照射の現状と問題点」についてお話して頂きます。ワークショップは「HDR密 封小線源治療の新たな展開」と言うテーマで「Accelerated Partial Breast Irradiation(APBI)日本人への適応」と「前立腺癌HDRHDRのライバルは?HDRの弱点は」と言う2つのテーマを癌研有明病院の能勢先 生に企画して頂きました。こちらも活発な討議をお願いします。
日光へのアクセスは東武日光線の特急で浅草から1時間45分さら平成18年3月18日からJR東日本と東武日光線の相互乗り入れが実現し新宿から東武日 光駅まで乗り換えなしの2時間で行くことが出来ます。東北新幹線を利用する場合は宇都宮駅でJR日光線に乗り換えて東京駅から約2時間です。東武日光駅か らは会場までバスで10分の距離にあります。車では東北自動車道の宇都宮インターから日光宇都宮道路で都心から約2 時間です。会場も広く交通の便も良い所ですので観光も兼ねて多くの方のご参加を心よりお待ちしています。

日本放射線腫瘍学会小線源治療部会
第8回研究会当番世話人 築山  巌

開催概要

開催概要
日   時 2006年6月17日(土)〜18日(日)
会   場 日光市総合会館
〒321-1432 栃木県日光市安川町2-47
TEL:0288-54-1631 FAX:0288-54-1609
日光駅よりバスで10分
当番世話人 築山 巌(栃木県立がんセンター放射線治療部)
連 絡 先 栃木県立がんセンター放射線治療部
〒320-0834 宇都宮市陽南4-9-13
TEL:028-658-5151 FAX:028-658-5488
E-mail:itsukiya@doctor.email.ne.jp

プログラム

一般演題募集

応募期間 演題募集は締め切りました。沢山のご応募有難うございました。
抄  録 タイトル、演者、所属、本文を含めて800字以内
発表方法 PCプレゼンテーションのみによる発表とさせていただきます。
各自パソコンをご持参下さい。
プロジェクターのモニタ出力端子はDsub-15ピンです。
必要な場合はアダプターもご用意下さい
必ずCD-Rなどによりバックアップを取ってご持参下さい。
受  付 口演の30分前までに受付と試写を済ませてください。

前立腺癌I-125永久挿入治療のPre-Plan, Post-Plan勉強会

放射線腫瘍学会小線源治療部会第8回研究会が平成18年6月17日(土)〜6月18日(日)に日光市総合会館で開催されます。この機会を利用して前立腺癌I-125永久挿入治療のPre-Plan, Post-Planの勉強会を下記の要領で開催いたします。実際の超音波画像やCT画像を用いて経験豊かな先生方に直接Pre-Plan, Post-Planの計画方法を指導して頂く企画を計画しています。永久挿入治療を開始された施設やこれから開始を予定している施設の先生方の多くの皆様のご参加をお待ちしております。

前立腺癌I-125永久挿入治療のPre-Plan, Post-Planの勉強会の申し込みはFAXでお願いします。

放射線腫瘍学会小線源治療部会第8回研究会当番世話人
栃木県立がんセンター放射線治療部 築山  巌

【FAX送信書/PDF】
FAX:03-3818-2209(日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第8回大会事務局)

宿泊・懇親会申し込み

日  時 2005年6月17日(土) 18:00〜
宿泊・懇親会
会場
日光千姫物語(研究会会場隣り)
栃木県日光市安川町6-48
TEL:0288-54-1010 FAX:0288-54-0557
申し込み先 小線源治療部会事務局(担当:橋本・角田)
TEL:03-3818-2176 FAX:03-3818-2209
e-mail:jastro@red.an.egg.or.jp
締め切り 宿泊・懇親会の受付は締め切りました。沢山のお申込み有難うございました。

認定放射線治療施設

認定放射線治療施設 北海道 東北 関東 東京 東京 甲信越 甲信越 北陸 北陸 中部 関西 関西 中国 四国 四国 九州・沖縄 九州・沖縄 九州・沖縄

広報情報