ホーム > 放射線治療専門医について > 「専門医資格更新単位修得制度規程と運用の改正について(2012年6月7日HPお知らせ)」の再掲

「専門医資格更新単位修得制度規程と運用の改正について(2012年6月7日HPお知らせ)」の再掲

2017年04月18日

2012年6月7日にホームページに掲載しました以下の内容を再掲載いたしますので、ご確認をお願いします

専門医資格更新単位習得制度規程と運用の改正について

2012年06月07日

専門医資格更新単位習得制度規程と運用の改正

平成23年度第3回理事会決定 2012.6.2
放射線治療専門医資格更新
  • 5年間にJRS 総会(あるいは秋季大会)およびJASTRO 学術大会にそれぞれ1回以上の出席を義務付ける。 その上で、従来通り、
  • 更新単位はJRS あるいはJASTRO の専門医資格更新制度のいずれかで申請できる。
    日本医学放射線学会専門医資格更新単位取得制度規程(平成22年6月5日改訂)
    日本放射線腫瘍学会治療線治療専門医更新規程(平成24年6月2日)※
    これを、平成29年5月1日から適用する。
    (参考:名称変更に伴う更新認定期間は平成23年9月1日〜平成28年8月31日)

 

放射線科専門医の更新は、

  • 原則認めず、2年間の研修を経て、放射線診断専門医あるいは放射線治療専門医資格を取得することを目指すよう指導する。

 

※従来は日本放射線腫瘍学会認定制度規程(平成14 年11 月21 日 一部改訂)で更新規程を定めていたが、認定制度規程は撤廃されたため、新たに日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医更新規程として復活させた。
(規程の内容に変更はない。)

認定放射線治療施設

認定放射線治療施設 北海道 東北 関東 東京 東京 甲信越 甲信越 北陸 北陸 中部 関西 関西 中国 四国 四国 九州・沖縄 九州・沖縄 九州・沖縄

広報情報